学びの生活|中村公平のブログ
劇団レトロノート代表ナカムラコウヘイの日々思うこと。

<< #1467『サンキュー!39!』 | main | #1469『言溜まり』 >>
#1468『真っ向勝負しています』

 

一昨日、劇団ハーベスト第10回公演『真っ向ガール』の幕が無事開きました。

 

初日はLINE LIVEで生中継もしていただき、大変盛り上がる良き初日となりました。ご来場くださった皆さま、ご視聴くださった皆さま、ありがとうございました。

 

第10回ということで、ある種「お祭り」のような作品にしたいと思い、プロデューサーの松永ミチルや作家の田中大祐さん、SMAのスタッフの皆さんと話し合いを重ねてきました。

 

稽古に入ったら、やりたいこと、ぶっ飛んだ役作りへの演出も含めて、序盤は役者を混乱させるほど色々試しました。時間がなくても、なにか新しい要素をメンバーの中に見つけたかったし、一緒に14回も公演をつくっている身としては、慣れるような環境を作りたくなかったので。

 

少ない稽古時間はかなり心を圧迫しましたが(笑)、でも結果が全てですから、時間がないからやりたいことをやらないのではなく、それでもやって、時間内に仕上げるしかない…そして観ていただいて、面白いか面白く無いか、です。

 

常に新鮮に、けれど重ねて。

 

面白い時はみんなのお陰。

つまらない時は演出家の責任です。

 

千秋楽まで、この公演がお客さまに楽しんで頂ける作品として受け入れていただけるのか、僕にとってのドキドキタイムは続きます。。。

 

 

むずかしいことをやさしく、

やさしいことをふかく、

ふかいことをおもしろく、

おもしろいことをまじめに、

まじめなことをゆかいに、

そしてゆかいなことはあくまでゆかいに

 

井上ひさしさんの言葉を常に胸において。

 

 

 

劇団ブログ→【RetroBlog!

【2016.08.05 Friday 11:22】 author : レトロナカムラ| 学びの生活 | comments(2) | - |
コメント
生で見てビックリ、あの障子は黒子になった○○○ーが支えているのですね。
「変幻自在」「公平マジック」を実現させるには多少の無理もありですね。
配信の絵面ですら驚きましたが、現実を目の当たりにした時、深い信頼関係に胸を打たれました。トークで、そのことに触れる者は誰もいない。観客を満足させるためにただひたすら努力をする。普通、大人でも、「あれは大変だー」という仕事量になっているはず。出演していなくても、舞台裏で必死に演劇をささえているのだから。
「宵宮」
お祭りの本当に大変なのは、準備と練習。それに裏方。どんどん裏方にも進出する彼女たち。
指導者に「井上ひさし」を持ち出されたらたまりませんな。公平先生は天才でもあり、夢想家でもあるのですね。
| マーセナリー | 2016/08/05 11:21 PM |
マーセナリーさん

お返事が遅くなりまして、大変失礼しました!
先日、お会いしたのに!!(^_^;)
いやー、真っ向ガール、非常に苦労しました笑
そもそもの稽古時間がかなりタイトだったので、やりたい事はたくさん出てくるのですが、実際物理的に間に合うことしかするわけにはいかず、、、その中での障子や黒子、マッピングでした。
彼女たちの若さがあれば少ない稽古時間の中でも実現してくれるだろうと言う信頼関係はたしかにありました。そこは5年の賜物かもしれません(^^)
山本もまもなく留学しますし、また新たな展開を迎えられるように精進します!
レトロノートもよろしくお願い致します!
| レトロナカムラ | 2016/09/07 1:14 PM |
コメントする