学びの生活|中村公平のブログ
劇団レトロノート代表ナカムラコウヘイの日々思うこと。

<< #1471『いよいよ絢爛爛漫』 | main | #1473『杜町とかペッパージャムとか』 >>
#1472『絢爛とか爛漫とかとかとか…』

劇団スーパーエキセントリックシアター『絢爛とか爛漫とか〜モダンガール版〜』が終演してすぐに劇団ハーベスト『杜町ペッパージャム』の打ち合わせ・稽古に入ったものですから、全くもってブログを書けずでした。。。

 

両公演とも、たくさんのご来場、ご声援、誠にありがとうございました!

 

2017年の年を明けてから、ここまで一瞬でした。

細かい事をほとんど覚えていないくらいあっという間の丸3ヶ月でした笑

覚えているだけ書いておかないと、自分の記憶としても記録としてもマズイので書きます。

 

 

まずは劇団スーパーエキセントリックシアター『絢爛とか爛漫とか〜モダンガール版〜』について。

 

年明けてすぐにSETの稽古が始まりまして、約1ヶ月半の稽古でした。

SETでは今回のような、特に若手女優がメインに入る公演というのがあまりないそうで、出演者の6名はとても気合いが入っていました。新人とはいえ、大きな老舗劇団を支えている若手です。それはそれはみんなやる気にあふれていて、一緒に稽古をしていてとても気持ちが良かったです。

 

「熱」とか「エネルギー」という言葉がぴったりくる彼女たちは、とにかく稽古に貪欲で、日々の稽古を思い切り楽しんでいました。『稽古が楽しくて楽しくて仕方ない!』っていうのがひしひしと伝わってきました。

 

飯島早苗さんの名作「絢爛とか爛漫とか〜モダンガール版〜」は戯曲そのものがとても面白い作品です。ただ、演じる方はたった4人で2時間強話し続ける膨大なセリフ量と、(昭和初期の物語なので)所作や言葉遣いの難しさなど、新人公演にしてはかなりハードルの高い作品でした。

本自体が面白いのに、それがつまらなかったら、それこそ僕の責任です(~_~;)なんだかんだと必死でした。が、彼女たちの稽古時間外での努力も相まって、ダブルキャストで稽古時間も限られてはいましたが、お客様にもとても楽しんでいただけたようですので、ひとまずホッとしています。飯島早苗さんにもご来場いただき、本当に嬉しかったです。

 

新しい出逢いと素晴らしい機会をくださったスーパーエキセントリックシアターの大関真社長には感謝感謝です。

 

 

大関真社長なんて書いてしまったけど、写真のほったま(堀田勝)や久下ちゃん(久下恵美)をはじめ、SETの面々とはいろんなところで一緒になっているので、様々な場所で繋がっていた縁をゼッキー(大関真)がひとつにまとめてくれた感じなのです(^ ^)

ゼッキーや久下ちゃんとはもう十数年の付き合いです。長いこと演劇界で共に闘ってきた同世代の仲間にこうして呼んでいただけて本当に僕は嬉しかったのです!

 

笑いの絶えないあっという間の1ヶ月半でしたが、笑いながらももがき苦しみ続けた6名の女優陣の今後のさらなる活躍が楽しみで仕方ありません。

 

ほんっと、みんないいヤツら(^ ^)素敵女子さ。がっつり組み合ってくれた立川ユカ子、西郷みゆき、安川里奈、山城屋理紗、木下桜、佐鳥由依にぜひご注目ください!

 

 

 

そして、今回大変お世話になりましたSET制作のみなさま、いつも僕の演出にお付き合いくださるスタッフの皆さまに感謝申し上げます。

 

連日の満席、階段の桟敷席でご覧下さったお客さまもいらっしゃいました。本当に本当にたくさんのご観劇、誠に誠にありがとうございました!

 

次は、劇団ハーベストの話を。

【2017.04.02 Sunday 22:17】 author : レトロナカムラ
| 学びの生活 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
「絢爛とか爛漫とか」少女漫画界の昭和レトロの流行に影響された作品として読みました。一番有名なのは「ハイカラさんが通る」でしょうか?
公平先生には、あまり興味が無いかもしれませんね。少女漫画(笑)
私が中学高校の時代では「絶対ヒーロー」の時代だったので、萩尾望都とか青池保子のクールさが好きでした。浦沢直樹さんなどの事実に基づいた物語が展開されるのは少年漫画は10年遅れた気がします。
ぜひ、モダンボーイ版も演出していただきたいですね。
ご本人が見えたのならば、大正デモクラシーから昭和恐慌までの短い「夢の時代」をなぜ取り上げて書かれたのか是非とも伺いたかったです。

人材が生かされないのは本当に残念ですね。劇団内でのユニット公演が持続されることを祈念いたします
| マーセナリー | 2017/04/03 3:30 PM |
マーセナリーさん

姉がいた僕は「ハイカラさんが通る」は大好きでした。兄が南野陽子さんのファンだったこともあって、実写版もしっかり観てます(笑)
僕の場合、萩尾望都さんを知ったのは劇団夢の遊眠社「半神」を観た時でした。
モダンボーイ版もやりたいですね〜。本は読みましたが、微妙に異なる設定ですがとても面白かったです。

大関新社長は色々とチャレンジしていく攻める漢です(^ ^)
また何か新しい風がSETに吹くと思います。
| レトロナカムラ | 2017/04/03 9:01 PM |
コメントする