学びの生活|中村公平のブログ
劇団レトロノート代表ナカムラコウヘイの日々思うこと。

<< #1473『杜町とかペッパージャムとか』 | main |
#1474『夫婦台風、BTTB』

 

はぶ談戯vol.19.5『あ・らかると〜春のアラカルト』無事に終演しました。ご来場、ご声援、誠にありがとうございました。

 

はぶ談戯には13年ぶりに出演させていただきました。13年って。。。歳とるわけだ笑

でも、お互い厳しい世界の中を続け、くぐり抜けてきたからこそ実現したわけで。そういう意味では非常に嬉しかったし、有難かったです。

 

そして、面白い俳優さんにも新たにたくさん出会えて、まだまだ俺の世界は狭いなぁと思いました。もっともっと広げていかないと。

 

 

僕の出演させていただいた短編は「夫婦台風」。はぶ談戯の女優、長谷椿さんとの二人芝居。30分間、2人で喋り続ける、まさに台風のような夫婦喧嘩のお話。

 

なぜ、僕がこの夫に起用されたのかは未だに謎ですが、やりがいは非常にありました。でも、客演が久しぶりすぎて、俳優としての引き出しが錆び付いて開かない開かない(笑)

 

こんなにも自分の心と身体が不自由になっていると思いませんでした。演出家に言われたことは理解している(つもり)なんですが、まったく表現が追いつかない。セリフも覚えられない。・・・正直、自分自身に愕然としました。

 

常日頃からみんなに言っていますが、俳優は「1日休むと3日分、鈍る」。自分の身をもって痛感しました。これ、やっぱり本当です。僕は役者として休みすぎたので、鈍るどころの騒ぎじゃなかったですが、俳優はやっぱり心と身体を常に動かし続けないとダメですね。

 

これは絶対年齢のせいじゃない。歳を重ねていてもいい役者はいい役者だもん。

というわけで、日頃の鍛錬をもっとする!という基本的なところに立ち返る公演となりました。

 

ご来場くださったみなさま、ご声援くださったみなさま、このような機会を与えてくださったはぶ談戯のみなさまに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

 

さ、鍛錬しつつ、次のステージへ。

 

Back To The Basic. だな。

 

 

写真は、観劇に来てくれた作家・益永あずみさんと劇団ハーベストのリーダー・加藤梨里香さん。

ありがとございましたー。

【2017.04.10 Monday 08:59】 author : レトロナカムラ
| 学びの生活 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
ピアノは「1日休むと取り返すのに1週間かかる」と言われて、お休みにも紙鍵盤を叩いていました(笑)。自分はもうジュラ期です。
イヤー、「終局は見えたな」と思った後の“鮮やかな裏切り”見事に落として頂きました。
スパイスはあれ位効いてくれないとダメでしょう!快感でした。
「普通の日常と襖一枚」とは、これを指すのだ!とメンバーさんに教えたい。
有る意味「リップヴァンウィンクルの花嫁」とまるで一緒の気分でした。
岩井俊二さんがイマイチ日本で受けないのは、あそこから改心してしまうため。
津波は全てを拐ってしまって、何も返してくれないから。

それに比べると「すごろく電車」は…。
お話しした通りです。
主人公の「辞職に対する逡巡」が、“それほど大きい”と言う表現なのでしょうが、流石に10年の隔たりがある作品。
きっと、当時は「一大命題」だったのだろうな。と想像出来ますが、それをそのままやっちゃうのは、どうなのだろう?
と思ったりして。公平先生が「車掌さん」さぞやクールな車掌と思いきや、違ったようで…。
主人公を掻き消す、超強力な「内輪ネタアドリブ」が入ったのも不幸でした。私の観た回。他の回は「あんたが乗りたがったから乗っているんだろ!」感はちゃんと伝わったのでしょうか?
「夢落ち」は「なーんだ。」感を感じさせたら負けです。ドラえもんになっちゃいます。
| マーセナリー | 2017/04/10 5:26 PM |
コメントする