学びの生活|中村公平のブログ
劇団レトロノート代表ナカムラコウヘイの日々思うこと。

<< #1475『新しいステージと宣伝とか』 | main |
#1476『ここは私の家だって!終演!!と40』

 

この記事を書いている途中で40になってしまいました(笑)

だいぶ空いてしまいましたが、舞台「ここは私の家だって!」、無事終演いたしました。

ご来場、ご声援、誠にありがとうございました!

 

いやはや、シビれる公演でした(笑)いろんな意味で。。。

もともと、縁あってレッスンなどを担当させていただいている事務所の流れでの演出だったのですが、実際、色々なことがほぼ未確定のまま企画がスタートした感じだったので、ぶっちゃけ最初はかなり不安でした。

 

が、ある程度の自由を許していただけたので、脚本を益永あずみさんにお願いして、技術スタッフもいつも僕の演出を助けてくれている気心知れたみなさまにお願いすることができました。キャストもゲスト枠は僕の方で冠仁さんや劇団ハーベストの川畑光瑠を指名できたので、こちらも有難かったです。

 

キャストは、初舞台、または数年ぶりの舞台出演という子が多く、僕の中ではまず共通言語作りから始まりました。

この子達にはどういう言葉で伝えれば意思疏通がスムーズに進むのか?これが実は一番大事だったりするわけで。

 

にしても、ジェネレーションギャップもあるのですが、なかなか言葉が伝わらない(笑)

そもそもの演技に関してもレッスンではないので、事細かに指導することもしたくはなかったので、できるだけ演出に徹しました。演出をつけながら、演技の根本を伝えていく。なかなか骨の折れる作業でした。しかも、夏休みなどの長期休み中ではなかったので、当然学校やテスト、運動会など学校行事が盛りだくさん!本当にシビれました。。。

 

でも、主演の伊織あいさんをはじめ、出演者はみんな一生懸命。

それに初舞台の子にとっては、最初で最後の初舞台。きちんとした形で記憶に残してあげたいという思いもあり、いつも通り、最後の最後まで妥協することなくうるさい小姑のようにダメ出しを続けました(^_^;)


プロデューサーのご尽力もあり、全席満席で終える事が出来ました。
いつもそうですが、どんな作品が出来上がっても、いつもいつも終わると反省ばかり。全然打ち上げで打ち上がれない(笑)

どちらかと言うと、ネチネチした性格なので、あそこはもっとこうしとけば良かったとか、もっとこう伝えれば上手く出来たかもしれないとか、そんな事ばかりが頭をぐるぐる。たいてい終わった直後に熱が出ます(笑)今回もしかり。

 

 

 

ま、でも、舞台はお客さまにご覧いただいて初めて成立する芸術ですから、皆さまからの温かいお言葉も厳しいご意見も頂戴できるだけ本当にありがたいのです。

 

というわけで、『ここは私の家だって!』に出演していたキャストの今後の活躍を期待していただければと思います。まだまだ若い俳優たちです。さらに荒波にもまれながら、成長していくことと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて、僕は本当にブログの記事を書くのに時間がかかる男なのですが、今回も舞台終演翌日に書き始め、あっという間に40歳の誕生日を越え、今に至っております。

たくさんのお祝いメッセージ、ありがとうございました!!ホントにたくさんのメッセージ頂けてビックリ嬉しかったです。

 

実は今、40になった事だし、これまでの活動を整理しておこうと、昔の資料なんかも引っ張り出して、まとめの作業をしています。ま、こんな僕なので、いつ皆さまにご覧いただけるかはわかりませんが、何か個人サイトのような形でオモテに出せればなぁと思っています。


先日、初舞台のチラシまで見つけました!白黒のボロボロ(笑)笑っちゃいました。キチンとスキャンして、保存しました。

40になったので、もう少し大人になれるように変に頑張らず、落ち着いて頑張ります(笑)

【2017.06.21 Wednesday 12:30】 author : レトロナカムラ
| 学びの生活 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
ようこそ!勝負の年代へ!
昨年は福原さんも前田さんも自分自身が映像の世界に撃って出てみられました。
押井守の名言に「映画監督の最大の仕事は、次の作品を製作できるようにすること」というものが有ります。
これ、絶妙だと思うのです。

夏公演のキャストが発表されました。ガッカリされた方もいらっしゃるのかも。とも、考えますが、私は公平先生の仰る「覚悟」へ向けての助走を始めたメンバーさんが増えたのだと考えています。とても嬉しいです。
曲がりなりにも「劇団」という形をもって、準備・裏方・宣伝・物販、単純にタレントではなく「役者という職業で生きること」「役者としてだけで生きること」を学ぶ機会が有って、彼女達は“自分で判断する力”を持つことが出来るようになって来ているということでしょう。
自分の力でご飯を食べるということ。

それと時を同じくして、先生も冒険出来る可能性が拡大する。
自分にとっても四十代は最高でした。それまで貯めていた人脈という財産を使って様々な苦労と楽しみを享受出来ました。
自分の場合は介護と仕事の集中で身体を壊してしまい、夢破れましたが。後悔はしていません。楽しかったから。

娘さんの成長と供に、自分の夢を果たす時期です。
何故ならば、大学進学迄に酔狂は終わらせないと、娘さんに好き勝手をさせてあげられないからです。
「自分は何がしたいのか?何ならば続けられるのか?」
まさにハーベストのメンバーさんが今直面していることに、人はなるべく早く直面するべきだと思いうのです。
ご自身の姿をみせてあげて、娘さんにも決断の時間を早めに迎えられるようにすることは重要です。
そうでないと「楽しき四十代」は迎えられません。
善き日々を&#10071;
| マーセナリー | 2017/06/22 8:34 AM |
コメントする