学びの生活|中村公平のブログ
劇団レトロノート代表ナカムラコウヘイの日々思うこと。

<< #1479『さいたまで子ども達と演劇2017』 | main | #1481『劇団ハーベスト、年末、暴れる!』 >>
#1480『GLOWING UP!!』

 

少し間が空いてしまいましたが、さいたまスーパーアリーナ『身体表現ワークショップ』が今年も無事に終わりました。

 

今年で4年目になりますが、例年の倍以上の子ども達が参加してくれました。お陰で毎回とてもにぎやか(^ ^)みんな個性に溢れていて、一生懸命で、何より演劇やダンスをとても楽しんでくれました。

 

今年もダンスの佐藤みきさんと一緒に講師を担当させていただきました。さらに笠井瑞丈さんとコンドルズの藤田善宏さんともご一緒できました。素晴らしい先輩方とたくさんのかわいい子ども達、そして劇団ハーベストから高橋紗良、川畑光瑠、井上結愛、山本萌花も参加してくれて、多くの仲間と楽しみながら創作が出来ました。

 

毎年、このアリーナのワークショップでは多くの出逢いがあります。改めてアリーナの荒谷さん、長岡さんに感謝申し上げます。

 

08.jpg

 

唯一悔やまれるのが、ワークショップ中みんなを引っ張り、盛り上げ、思い切り演劇を楽しんでいた小学校6年生のそのっちが体調不良で本番に出られなかったこと。本番はハーベストの結愛が急遽そのっちの代役をやりました。

 

本人が一番悔しかったと思います。でも、みんなも「そのっちの分まで頑張ろう!」と心をひとつにしていました。

 

そのっち、学校も学年も違う君の新しい友達は、ちゃんと君の事を想い演技していましたよ!また来年、ぜひ遊びに来てくださいね!

 

もうひとつ、特筆すべきはハーベストです。今年は例年にも増して頑張ってくれました。参加者がすごく増えたことで、僕やみきさん、笠井さんのサポートでハーベストがいてくれたことがどれだけ有り難かったか。いつもはハーベストのみんなに「公平さんはあまり褒めない」と言われる僕ですが、今回ばかりは感謝感謝です。紗良、光瑠、結愛、帰国後から参加してくれた萌花。子ども達がみんなを慕いまくっていたのが、ハーベスト達の愛が子ども達に伝わっていた証拠です。本当にありがとうございました。

 

07.jpg

 

さて、写心家・植田洋一さんがたくさんの素敵な写心を撮ってくださいました。また、いつもハーベストを応援くださっているマーセナリーさんもたくさんの写真を撮ってくださいました。

子ども達の肖像権の問題があるので、なかなかお見せできないのが残念ですが、多少加工をして何枚か掲載いたします。また、来年。子ども達と演劇で遊べるのを楽しみに・・・(^ ^)

 

06.jpg

05.jpg

04.jpg

03.jpg

02.jpg

 

※この記事上の全写真 photo by Youichi UeDA

 

実は、地味にブログスタイルを変えました(パソコンでの閲覧時の)。これからは写真がちょっと大きくなります。

 

【2017.10.24 Tuesday 01:16】 author : レトロナカムラ| 学びの生活 | comments(1) | - |
コメント
ハンドルネームが有ってびっくり:
発表会を二回拝見して思うのですが、「面白い!とは、どういうことだろう?」
自分自身のピアノの発表会に出ていた経験。仕事での体育大会や文化発表の試合撮影。
お金を取る“トップレベル”、プロの表現を正解としてありがたがる方もいらっしゃりますが、「その時出来る、最大」も私はとても面白いことだと感じます。
他人には「何が面白いのか全然解らない」と言われる、不条理劇・結論を示さない現状提示劇にもとても興味が有るので、
「これが今提示できる最大」というものがいとおしいです。

草野球でもスポーツ大会でも「勝ちたい!」気持ちが伝わって来るモノは尊いです。

写真は「受け取った者の解釈」だということが、川畑さんに伝わるとうれしいですし。
「私が客観的に見た井上さん」が、井上さんに伝わると、もっとうれしいです。

半分壊れかけたポンコツが、あの発表会を見たことの無い人に説明するならば、私はあんな形に写真を撮ります。
自分色を出さずに、静かに客観的に。
| マーセナリー | 2017/11/20 8:41 PM |
コメントする