学びの生活|中村公平のブログ
劇団レトロノート代表ナカムラコウヘイの日々思うこと。

<< #1482『謹賀新年2018』 | main | #1484『シャララララ公演後記【1】』 >>
#1483『稽古場から』

 

 

久しぶりのブログです。

毎日、稽古の日々です。

 

しかも明日と明々後日は、カンムリプロデュース『納豆女と爪噛み男。』の本番ですって(笑) 有り難いけど大変だ(>_<)

 

カンムリの方は、劇団ハーベストの篠崎新菜と一緒にゲストとして3ステージだけ出演させていただくのですが、ゲスト云々よりもですね、メインのキャストの皆さんが、まぁ愉快(^^) 冠仁くん、よく集めたなぁという感じです。

 

そして、まっさんこと益永あずみさんの本がまたニヤッとしながら、ウッとボディに効いてきます。このキャストとこの本なら楽しくなるよ、そりゃ!って感じです。

 

僕と新菜は、まずは初日の邪魔にだけはならないように心掛けます(笑)新菜は初客演で、僕自身も新菜と初共演ですから、初めてだから仕方ねーよってな具合の、いい意味で開き直りつつ(笑)、メインキャストの皆さんに身を委ねたいと思います。

ぜひ、劇場に足をお運びください。

 

 

 

そして、3月末には劇団ハーベスト第13回公演『明日の君とシャララララ』の稽古も進行中です。劇団ハーベストも7年目に突入し、これまで特別公演も合わせると19作品一緒に創ってきました。こりゃなかなかの数です。

 

そして、結成時に小中高生だったメンバーが、高校を卒業、さらに成人になる年月が経ったわけです。

 

今年から主宰を山本萌花が、座長を加藤梨里香が務める事になり、2人と密にコミュニケーションを取りながら創作しています。

 

新たなハーベストの可能性と方向性を模索しながらの創作なので、自ずと初演とは異なる空気感になります。これが、良い意味で劇団の発展に繋がるようにしていきたいと思います。

この密なコミュニケーションが取れる関係と、何となくでも考えている事がわかる感覚が僕らの7年の積み重ねであり強みだと思っているので、ここを萌花と梨里香と存分に発揮しながら稽古に臨んでいます。

 

まだまだ全貌は見えていませんが、こっからこっから!たくさんのお客様に楽しんでいただけるよう、常に最高傑作更新を目指して、最後まであがきたいと思います。

 

【2018.03.06 Tuesday 16:14】 author : レトロナカムラ| 学びの生活 | comments(1) | - |
コメント
公平先生のお芝居を拝見するのは二回目ですね。
普通だと篠崎さんを目当てに行かれるハーベストファンが大分部なのでしょうが、私は違います(笑)。
『夫婦台風』善い落ちでした。途中「どうまとめるんだ、この話」と思いましたが、ブラック好き、不条理好きの私には堪らない御話しでした。
さて、舞台はノーマル→コメディーになります。
冠プロデュースは最初の両国を逃したので、二回目。
小林→益永、まあハーベストでもお馴染みの流れですが、お二人は落とし処が根本的に違うので、どう結論に絡むのか楽しみです。
圧倒的に不利な条件で「それでもお芝居を創る」心持ちが篠崎さんに伝わると良いですね。
| マーセナリー | 2018/03/06 8:44 PM |
コメントする