学びの生活|中村公平のブログ
劇団レトロノート代表ナカムラコウヘイの日々思うこと。

INFO『SET LABO「絢爛とか爛漫とか〜モダンガール版」公演情報』

今年一発目の舞台のご案内です。
三宅裕司さんが座長を務める劇団スーパー・エキセントリック・シアターの新人育成公演「SET LABO」第一弾の演出を担当させて頂くこととなりました。

作品は自転車キンクリートSTORE・飯島早苗氏の名作『絢爛とか爛漫とか〜モダンガール版』。昭和初期を舞台に若き女性文士たちの青春グラフィティー。


SETのイキの良い女優陣と日々稽古に励んでいます。ぜひぜひ劇場に足をお運びください!
みなさまのご来場、心よりお待ちいたしております!

ご予約はこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/set_labo_1st?m=0adacfa


以下、公演の詳細です。

 

劇団スーパー・エキセントリック・シアター新人育成公演

SET LABO

『絢爛とか爛漫とか〜モダンガール版〜』

 

 

2017年2月16日(木)〜19日(日)

@中野・劇場HOPE

 

■脚本:飯島早苗

■演出:中村公平

 

■出演
立川ユカ子(絢)
西郷みゆき
安川里奈
山城屋理紗(漫)
木下桜(漫)
佐鳥由依(絢)
 

■日程
2017年2月16日(木)〜19日(日)
2月16日(木)19:00絢
2月17日(金)19:00 漫
2月18日(土)13:00 漫/17:00 絢
2月19日(日)12:00 絢/16:00 漫
※開場は、開演の30分前。
※未就学児入場不可。
※一部ダブルキャストでの出演となります。
絢爛:立川ユカ子・佐鳥由依
爛漫:山城屋理紗・木下桜

■会場
劇場HOPE
東京都中野区中野3-22-8
◆JR中央・総武線/東京メトロ東西線
『中野駅』南口より徒歩5分
※駐車設備はありません。車・バイクでのご来場はご遠慮ください。
 

■料金(日時指定・全席自由席)
[前売]3,500円 [当日] 3,800円

■チケット取扱
カルテットオンライン
こちらをクリックしてご予約ください。

【2017.01.13 Friday 23:49】 author : レトロナカムラ
| お知らせ | comments(5) | - | pookmark |
#1470『2016もお世話になりました』

 

2016年も無事終わろうとしています。

今年も多くの皆さまにお世話になりました。

ありがとうございました。

 

まずは先日終演しました劇団ハーベスト冬の特別公演「ジェラシック・パーク」へのご来場、ご声援、誠にありがとうございました!3週間弱しか稽古期間がなかったのですが、我ながら結構挑戦的にやることができました。まだまだ課題はありますが、ひとまず2016年を「前のめり」な感じで終えることが出来、良かったと思っています(^ ^)

 

年明けの劇団ハーベスト5周年記念イベントからスタートした2016年。

今年は新たにレッスンを担当させていただく場所も増えたりと、出逢いも多い年となりました。

 

私事ですが、昨年の大晦日と明らかに違うのが子どもの成長した姿。

 

娘が1歳10ヶ月になりまして、昨年の大晦日はまだ立ってもいなかった子が、今では自己主張満々で話しかけてきます。

「おとさん」「おきて」「ねんね」「ごはん」「いやーーーー!」

話せる単語は少ないですが、明らかに僕の話している内容はわかっています。

人って本当に成長するんだなぁ。なんて当たり前の実感をしています。

 

子どものお陰で「人の成長」を目の当たりにし、僕自身もレッスンを受けてくれている多くのみなさんも「まだまだ伸びしろあるな」とニンマリしている年の瀬です。

 

劇団ハーベストも個人活動が目立ってきました。

久保田紗友は1月12日よりNHKの朝ドラに出演します。自分のことのように嬉しいです。加藤梨里香も舞台『BigFish』に出演します。僕が客席で見ていたスター達と競演です。青山美郷も12月まで連ドラに特異キャラクターとして出演していました。広瀬咲楽もライブ活動を本格的に始めましたし、高橋紗良も2月には錦織激団に出演です。

 

まだまだそれぞれの活躍が広がりそうな2017年。

彼女達へのご声援もよろしくお願いいたします。

 

劇団レトロノートは休止を宣言しましたが、止まる事なく歩みたいと思います。次のステージは自らの足で見つけねば!レトロノート劇団員へのご声援もよろしくお願いいたします。

 

僕はというと、新年一発目は劇団スーパーエキセントリックシアター新人公演の演出です。先日顔合わせしてきましたが、さすがSET。魅力的な女優陣が揃っています。ぜひこちらもご声援お願いいたします!

 

SET LABO公演

「絢爛とか爛漫とか〜モダンガール版〜」

【作】飯島早苗 【演出】中村公平


【日程】2017年2月16日(木)〜19日(日)
【会場】劇場HOPE

 

【出演】立川ユカ子 西郷みゆき 安川里奈

    山城屋理紗 佐鳥由依 木下桜

    ※一部ダブルキャスト

 

    >>詳しくはこちらを

 

 

さあ、今年もあと2時間。

紅白歌合戦を見ながら年越しします。

 

みなさま、今年も本当にありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

【2016.12.31 Saturday 22:01】 author : レトロナカムラ
| 学びの生活 | comments(2) | - | pookmark |
#1469『言溜まり』

 

先日、劇団の活動休止と深沢さんの退団の発表をさせていただきました。

詳しくは劇団サイトをご覧ください。

 

15年かぁ。。。

いつの間にか15年も劇団レトロノートをやってきました。

このブログも2004年から飛び飛びですがスタートしていますので、12年。いやはやビックリです。

 

15年目の公演を終えてみて、改めて「ひとつの事を続ける事」の難しさを感じつつ、でもそんな難しさなんて感じながらやってきてなくね?的な考えもあったりします(^^;

 

駆けている時はアドレナリンが出ていますからね、何も気にせずいられます。ふと休んだ時にどっと疲れが出るもんです。でもね、そろそろその疲れを一度味わわなくてはいけないのではないかと思っています。味わわないからいつまで経っても何かやっている気になってしまうんです。もちろん出来ることはやってきました。でも、何に向けた熱を持った場所なのかをもう一度確認する必要があったのです。

 

深沢さんが自ら座長になりたいと申し出てくれた3年前、我ながら実直に続けてきて良かったと思いました。ただ、実際はそれだけではいけないのです。その先にどう実直さを保ちながら、次の一手が打てるのか?ここが大事なわけです。その一手をなかなか見つけられないまま15年間駆けてきた気がします。どっと来るであろう疲労感を感じながら、我を振り返り、先を見据える目をそろそろ持ちなおさなくてはいけないと思いました。

 

実はですね、ここだけの話、解散も考えました。

でもやっぱり辞めるのは簡単なんです。きっと僕は劇団活動がなくなったら楽になります(笑)

自分の団体はやりたい事が出来る代わりに金銭的にも精神的にも相当な圧がかかるわけです。そして長く続けていればいるほど「やりたい事」が全て出来るわけではなくなってくる。不思議なもんです。やりたい事ができるから発足したはずなのにそれだけじゃなくなる。なんでやねん!って思うけど、そういうもんです。一人でやっているわけではないですから。多くの皆さんの力を借りて続けてこられた事なんだから。

 

1年に1度しか公演を打たない僕らですから、『休止』なんて表明しなくても、一年の大半を休止しているようなもんです。(※実際は1年通して準備してるんですよ!)だから「そんな表明しなくてもいいんじゃね?」みたいなご意見もいただいたりもしたんですが、自分たちのケジメのために表明しました。ま、エゴと言ってしまえばエゴなのですが。。。

 

終演後、お客さまに「来年も楽しみにしているよ!」とか「毎年秋の恒例行事です」なんて言ってただけて本当に嬉しいのに、裏切るような形になってしまい本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、わがままですみません。15年間のご声援に感謝しつつ、充電いたします。

 

と言いつつ、例年通り2017年の秋にやっちゃったりして・・・。気まぐれ感満載で少し過ごします。気まぐれシェフ的な(笑)どなたかがおしゃってくださった「休止」ではなく、「休憩」だと思っていただければ。ちょっと腰を下ろして、休憩です(^ ^)

 

 

 

人生ってのは上手く出来ているなぁと改めて思います。

全てがポジティブに運ぶなんて事はなくて、どこの家もひとつやふたつ何か問題を抱えているように、誰の人生にも何かしらの影があって、その影とどう向き合い、一緒に暮らしていけるのかなんですね、結局は。

 

ブログも下書きゾーンに劇団ハーベストの「真っ向ガール」の公演後記も「黄昏バックオーライ」の公演後記もさいたまの子ども達の話も書き途中で止まっています。そして、それらをすっ飛ばしてこの記事を書いています。僕のブログの下書きゾーンは「水溜まり」ならぬ「言溜まり」。

 

言いたい事も伝えたいことも山ほどあるし、公演が終わったらお客様に感謝の言葉と作品を創っての言葉を並べたくなる。

「こんな人と出会いました」「こんな人のこんな面白いところを発見しました。」エトセトラエトセトラ。。。

 

でも、いつも言葉が足りず納得できない。これじゃ伝えたいことが伝わらないなぁ。とアップをやめてしまいます。このブログも休止発表当日からずっと書いています。

 

自分的にはまだまだ納得いきませんが、とりあえず、もうアップしちゃいます。

休止発表してからホームページ以外でご挨拶できていないこと、申し訳ありませんでした。

 

辞めるわけでもなんでもなく、まだまだ続きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

取り急ぎ、宣伝!

年末!年の瀬!と言えば、、、

 

劇団ハーベスト冬の特別公演

『ジェラシック・パーク』

2016年12月23日(金)〜28日(水)

アトリエファンファーレ高円寺

 

ぜひご来場ください!!

【2016.11.25 Friday 10:37】 author : レトロナカムラ
| 学びの生活 | comments(1) | - | pookmark |
#1468『真っ向勝負しています』

 

一昨日、劇団ハーベスト第10回公演『真っ向ガール』の幕が無事開きました。

 

初日はLINE LIVEで生中継もしていただき、大変盛り上がる良き初日となりました。ご来場くださった皆さま、ご視聴くださった皆さま、ありがとうございました。

 

第10回ということで、ある種「お祭り」のような作品にしたいと思い、プロデューサーの松永ミチルや作家の田中大祐さん、SMAのスタッフの皆さんと話し合いを重ねてきました。

 

稽古に入ったら、やりたいこと、ぶっ飛んだ役作りへの演出も含めて、序盤は役者を混乱させるほど色々試しました。時間がなくても、なにか新しい要素をメンバーの中に見つけたかったし、一緒に14回も公演をつくっている身としては、慣れるような環境を作りたくなかったので。

 

少ない稽古時間はかなり心を圧迫しましたが(笑)、でも結果が全てですから、時間がないからやりたいことをやらないのではなく、それでもやって、時間内に仕上げるしかない…そして観ていただいて、面白いか面白く無いか、です。

 

常に新鮮に、けれど重ねて。

 

面白い時はみんなのお陰。

つまらない時は演出家の責任です。

 

千秋楽まで、この公演がお客さまに楽しんで頂ける作品として受け入れていただけるのか、僕にとってのドキドキタイムは続きます。。。

 

 

むずかしいことをやさしく、

やさしいことをふかく、

ふかいことをおもしろく、

おもしろいことをまじめに、

まじめなことをゆかいに、

そしてゆかいなことはあくまでゆかいに

 

井上ひさしさんの言葉を常に胸において。

 

 

 

劇団ブログ→【RetroBlog!

【2016.08.05 Friday 11:22】 author : レトロナカムラ
| 学びの生活 | comments(2) | - | pookmark |
<< | 2/380PAGES | >>